カテゴリから探す
ショッピングローン
キャッシュバック
補償サービス
店頭取り寄せ
リターン買取
ロデオの日
修理工房
時計クロス
LINE

BALENCIAGAバレンシアガ

バレンシアガ
1914年にスペインで設立された「バレンシアガ」は、もともとオートクチュールの製作を生業としていたブランドでした。グッチグループに加入した2000年以降、ブランドイメージの変革を遂げながらシンプル且つ洗練された現在のイメージを確立していきます。2016年頃から「ラグスト」と呼ばれるラグジュアリーストリートファッションが盛り上がり始めると、バレンシアガの洗練された視認性のあるデザインはSNS世代の若者たちを中心に人気を博します。キャンバストートの代表格「ネイビー」やバリエーションも豊富な「エブリデイ」シリーズなど、街に出れば一度は見かける定番バッグを多数抱えるバレンシアガ。時代に左右されないシンプルで実用的なデザインは世代や性別を超え多くの人々の支持を受けています。

バレンシアガの商品一覧

商品点数10
ランクSA
2024/05/27 入荷
【中古SA品】  ザハッカープロジェクトフォンバッグ 680130 キャンバス 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W12xH18.5xD2.5cm(実寸)
¥95,700(税込)
ランクA
2024/05/21 入荷
【中古A品】  バックパック 459744 ナイロン 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W33xH46xD11cm(実寸)
¥62,700(税込)
ランクA
2024/05/21 入荷
【中古A品】  ヴィルトップハンドルミニ 639756 型押しレザー 新宿歌舞伎町店
バレンシアガ
サイズ:約W12xH9xD5cm(実寸)
¥96,800(税込)
ランクA
【中古A品】  アーミークロスボディ 715852 ナイロン 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W15xH22xD4cm(実寸)
¥91,300(税込)
ランクA
【中古A品】  ネオクラシックシティナノ 638527 型押しレザー 新宿歌舞伎町店
バレンシアガ
サイズ:約W18xH11xD7cm(実寸)
¥126,500(税込)
ランクAB
【中古AB品】  エクスプローラーベルトパック 482389 ナイロン 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W32xH18.5cm
¥44,000(税込)
ランクA
【中古A品】  キャッシュミニポーチ 640539 型押しレザー 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W11.5xH8xD3.5cm(実寸)
¥33,000(税込)
ランクAB
【中古AB品】  ウィールショルダーバッグ 655009 ナイロン 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W21xH20xD9cm(実寸)
¥55,000(税込)
ランクA
【中古A品】  ザハッカープロジェクトトートバッグ 680125 キャンバス 横浜関内店
バレンシアガ
サイズ:約W37xH27xD13.5cm(実寸)
¥239,800(税込)
バレンシアガについて
■オートクチュールから始まるバレンシアガの歴史
者にも人気のファッションブランド「バレンシアガ(Balenciaga)」 アパレルから雑貨まで、幅広く人気のあるバレンシアガは、フランスを代表するラグジュアリーブランドの一つであり、常に時代の先端をいくブランドとして知られています。今でこそ幅広い年齢層に愛され、ハイブランドの中でもカジュアルな印象さえ与えるバレンシアガですが、設立当初はオートクチュール(オーダーメイド)の店でした。 バレンシアガの創業者であるクリストバル・バレンシアガは、1917年にスペインでブランドを設立しました。彼はクチュリエとしての才能により、ファッション界での評価を高めていきました。

1937年、スペイン内戦の影響でフランス・パリ8区のジョルジュ・サンクに本店を移転しました。そのため、フランスのブランドというイメージを持つ人も多くいます。 バレンシアガの卓越した才能は20世紀前半のモード界で「クチュール界の建築家」と評され、1950年代にはディオールと肩を並べる一流ブランドに成長していきました。 しかし1968年にクリストバル・バレンシアガが死去すると、その後はブランドの不遇の時代が続きます。1970年には倒産の危機を迎えましたが1998年二コラ・ゲスキエールがチーフデザイナーに就任するとバレンシアは復活します。
■バレンシアガを支えたデザイナーたち
リストバル・バレンシアガのデザイン哲学は、後の世代のデザイナーにも影響を与えています。彼の革新的なアイデアと技術は、現代のファッションにおいても見られるアイデンティティとなっています。 特にシルエットやプロポーションにこだわり、女性の体形を美しく見せるデザインを提案しました。ボリューム感のあるスカートやドレス、くびれたウエストを強調したコルセットなどは、ファッション史に残る名作となりました。
創設者であるクリストバル・バレンシアガの死後、若干26歳でバレンシアガのデザイナーに抜擢された二コラ・ゲスキエールは、それまでジャン・ポール・ゴルチェやティエリー・ミュグレーの元で働いていました。
二コラ・ゲスキエールのデザインは爆発的な人気を集め、現在も生産されている”シティ”なども手掛け、バレンシアガの再建に大きく貢献しました。 その後、2012年にはアレキサンダー・ワン。続く2015年にはデムナ・ヴァザリアがクリエイティブ・ディレクターに就任しています。特にデムナ・ヴァザリアは現在のバレンシアガの人気の礎を作ったと言われ、ブランドに大きく貢献しています。伝統的なデザインを再解釈し、スポーティーにアレンジするなどデムナ・ヴァザリアの発想はバレンシアガに新たな息吹を吹き込みました。
■流行を取り入れながら進化していくコレクション
バレンシアガはファッションアイテムから雑貨、宝飾品、香水やコスメなどさまざまなアイテムを展開しています。
特にデムナ・ヴァザリアの手掛けたストリート間のあるアイテムは、現在バレンシアガの定番となっているものも多くあります。
独創的なデザインの「アワーグラス(Hourglass)」やロングランモデルを再解釈した「ネオクラシック(Neo Classic)」といったバッグ類はスタイリッシュなスタイルを演出してくれます。
また、2021年には世界的に人気のオンラインゲーム「フォートナイト(Fortnite)」とコラボし、実際の2020年~21年コレクションのデザインをゲーム内に落とし込んだことでも話題となり、ゲーム内のデジタルファッションと現実のファッションの融合を果たすなど新たな試みも行っています。