カテゴリから探す
ショッピングローン
キャッシュバック
補償サービス
店頭取り寄せ
リターン買取
ロデオの日
修理工房
時計クロス
LINE
 

AIRKINGエアキング

エアキング
エアキングは、1940年代に登場したロレックスの中でも歴史のあるモデル。
文字盤に名前が表記され、正式にモデル名となったのは現存するモデルの中でエアキングが最古と言えます。
開発当初はオイスターパーペチュアルの派生モデルでしたが、その後スポーツモデルとして進化し、独立したシリーズ展開をしたため、一貫したデザインではないこともエアキングの特徴のひとつ。過去のモデルでは豊富な文字盤色も魅力となっていましたが、近年ではよりスポーツモデルに寄せた黒文字盤となっています。
シンプルな3針で当初はクロノメーターのないシンプルなものでしたが、2007年にモデルチェンジされるとクロノメーターモデルへと進化を遂げました。
高騰するロレックスのスポーツモデルの中でも比較的価格が安定していることも人気の理由の一つ。
ロデオドライブでは新旧問わず豊富なモデルを取り揃えています。

エアキングの商品一覧

商品点数2
ランクA
【中古A品】  エアキング  14000M ステンレス 元町本店
ロレックス
サイズ:ケース約34mm
¥690,800(税込)
ランクA
【中古A品】  エアキング  14000 ステンレス 横浜関内店
ロレックス
サイズ:ケース約34mm
¥668,800(税込)
AIRKINGについて
■信憑性の高い時計運動と航空機にインスパイアされた機能
エアキングは、ロレックスの初期のパイロットウォッチに由来しています。
1930年代から1940年代にかけて、ロレックスは航空産業の発展に貢献するために、高精度で信頼性の高い時計を製造していました。エアキングは、航空機のパイロットによって愛され、その頑丈さと正確性が評価されてきたモデルです。
時代とともに進化したエアキングは魅力的なデザインと高い機能性を備えた人気のあるモデルとなりました。

エアキングは、現存するロレックスのペットネーム(愛称)で最古のものと言われています。
1940年代に「AIR-KING」の名前が入った手巻きオイスターが誕生し、これがエアキングの原点とされています。1958年頃には「Air-King」のロゴが入ったオイスターパーペチュアルエアキングが誕生します。
シンプルで洗練されたデザインが特徴で、一般的に、シンプルな文字盤とステンレススチールのケースが採用されています。このクラシックなデザインは、今も多くの人々に好まれています。デザイン性だけでなく、実用性にも優れ、耐水性、耐衝撃性、防塵性など、さまざまな環境での使用に耐えるように設計されているほか、耐傷性と視認性を高めるためにサファイアクリスタルが使用されています。このクリスタルは非常に硬く、傷がつきにくいため、時計の美観を長期間維持する効果もあります。

エアキングは、ロレックスの自社開発のムーブメントを搭載しています。代表的なもののひとつにcal.3131が挙げられます。この自動巻きムーブメントは、ロレックス自社製造のムーブメントであり、クロノメーター認定を受けています。また、パラクロムヘアスプリングという非磁性合金を使用しているため、磁気に強くなっています。もうひとつは、cal.3135です。こちらも自動巻きムーブメントで、クロノメーター認定を受けており、エアキング以外にもロレックスのさまざまなモデルで使用されています。cal.3135は、日付表示機能も備えており、約48時間のパワーリザーブを持っています。
いずれのムーブメントも、ロレックスの高い精度と信頼性を備えており、機能的な特徴を持つと同時に、ロレックス特有の工芸技術や品質によって製造されています。これらのムーブメントは、厳格なテストと調整を経て、優れた精度を提供します。正確な時間を保つことは、パイロットなどの専門家にとって非常に重要です。

エアキングは、その洗練されたデザインと機能性のバランスが取れているため、多くの人々にとってユニバーサルなデイリーウォッチとしても人気があります。ビジネスシーンやカジュアルな場でも適応しやすく、幅広いスタイルに合わせることができるのです。

■ロレックスの品質と価値を体現するモデル
エアキングは過去のモデルのデザインを踏襲しながらも、時折モダンなアップデートが施されています。大きなルーペ付きの日付表示や蓄光インデックス、Ref.126900においてはリューズガードの採用など、機能的なアップグレードが行われています。

エアキングは、ロレックスの時計ラインナップの中でも魅力的なモデルの一つであり、その歴史と洗練されたデザイン、高い品質と機能性が多くの人々に愛される理由です。